110番


110番に電話するのは、次のような目に遭ったときです。
押し売りがきて困っている。殴られたり、怪我をさせられた。どろぼうなどの被害に遭った。飛行助長集団(暴走族)が集まったり、走り回っている。不審な人を見た。
交通事故に遭った。人が通れ去られるのを見た。爆発音、拳銃発射音、そのほか不審な物音を聞いた。人の悲鳴を聞いた。迷子や家出入を見たり、保護した。不審な車が駐車している。等です。
110番をダイヤルすると、電話は、通信指令センターにつながり、係員が応答してくれます。
「何があったか」「いつ、どこで起こったか」など、必要と思われることを質問されすので、冷静に、的確に対処しましょう。
必ずしも、パトカーがサイレンを鳴らしてやってくるとは限りません、最寄の交番から、警察官が自転車に乗ってやってくる事もあります。
また、夜中などで、近所への騒音の配慮をする場合は、「サイレンを鳴らさないで来てほしい」とたのめば、そのようにして配慮してくれるみたいです。
まめ知識に覚えておいて下さい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。