刑事事件

刑事事件の被害に遭ったとき。
警察に被害を届け出ると、担当の捜査員が、犯行状況や犯人の様子などについて詳しく事情聴取をします。
被害者は、警察官から事隋を聴取されるほか、犯人を起訴するか、不起訴にするかの判断を決定するために、検察官からも事情聴取される場合もあります。
事情聴取後、警察は、被害者に証結晶の提出を求めるケースがあります。

たとえば、被害当時の服装、所持晶などです。場合によっては、物的証拠晶として、公判においても有力証拠となる物品です。
なお、証拠品として提出した物は、捜査上、裁判上、保管の必要がなくなった時点で被害者に返還されます。
もし、返してもらう必要がないときは、所有権放棄の手続きをしておけば、厳重注意のもとに処分してくれます。

現場検証(実況検分)へ立ち会うこともあります。
現場検証というのは、警察官が犯罪の現場などについて、状況を確認するために行うものです。
後日、公判が始まったときは、被害者は、裁判所で証言をする場合もあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。