借用書

借用書に記載すべき必要事項。
借用書を書く場合、あるいは書いてもらう場合に、忘れてならない事項があります。なお、借用書の標題は、借り主だけが署名捺印して、貸し主に差し入れる場合は「借用書」、借り主、貸し主がともに署名捺印するばあいは、「金銭消費貸借契約書」とします。

金額 偕りた金額、貸した金額の元金です。

利息。
利息を取る場合は、年率を明記します。

返済日。
借りる側が返済日の記載を忘れると、貸し主に都合のいい返済日を設定されてしまいます。
?返済方法
「分割して、毎月貸し主 の自宅へ持参する」など、方法と返済場所を記載します。

遅延損害金について。
返済日に返済できなかったときには、その日から完全に返済する日親しくても、必ず借用書を取りかわすこと
までの損害金を年率または日歩○○銭とするなどの取り決めをします。

不払いの場合。
元金を分割して返済するとか、利息を定期的に支払う約束をする場合、分割金または利息の支払いを怠ったときのための取り決めを明記します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。