悪徳訪問販売

悪徳訪問販売の被害者にならないための方法
まず、インターホンで相手を確かめる。
少しでも不審に恩ったら、「いま、ちょっと手がふさがっていますので失礼します」と丁重に断るほうがいいでしょう。
あまりきつく断ると、相手によっては逆恨みを買います。

プレートを張る。
玄関先に「勧誘・セールス一切お断り」のプレートを張っておくと、訪問販売は半減します。

絶対に家の中に入れない。
悪徳業者は、玄関の中に入り込むすきをうかがっています。
家の中に入れたら最後、何時間でも居座り、契約をするまで帰ってくれません。
なお、部屋に上げてしまったセールスマンがどうしても帰ってくれないときは、相手にわからないように、110番に連絡することです。

その場で契約をしない。
十分に納得ができないまま、しつこく勧められ、つい契約をしてしまう入が少なくありません。
「家族と相談をしてからにします」と伝え、その場では決して署名をしたり、印鑑を押したりしないようにします。

支払いは後払いにする。
その場で全額を払ってしまうと、解約手続きの際に不利になります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。