住居侵入対策

住居侵入を防ぐ対策。
玄関の照明は、暗くなったら点灯するタイマー装置にします。
タイマーにしておかないと、照明が灯っていないときは、留守だとわかってしまいます。
一戸建て住宅の場合、塀や垣根は高すぎないようにします。
玄関が敷地の外から見えるくらいの高さにすれば、侵入者がドアの鍵を壊すなどの作業がしづらくなります。
外出時、新聞受けや植木鉢の中に鍵を隠すのは危険です。
鍵は家族がそれぞれ身につけるようにします。
集積場ヘゴミを捨てに行くなど、ちょっと部屋を留守にするときでも、必ずドアをロックする習慣をつけます。
ゴミを出しに行き、近所の奥さんたちと10分間ほど雑談をしていたスキに、現金やカード、保険証、パスポートなどを盗まれた例は数え切れません。
夕食時は、家族が1ヵ所に集まっていますから、侵入者にとっては狙い目です。
ほかの部屋の戸締まりを怠らないようにしましょう。
マンションの最上階だからと油断してはいけません。
屋上からロープを使って降りてきたり、雨どいや隣家のベランダ伝いに侵入してきます。ベランダの窓は鍵をかける習慣をつけてください。
侵入盗犯の稼ぎどきは、午前3時から午前5時の間です。
人が熟睡中の時間帯を狙っているわけですが、部屋の中が真っ暗なのは、どろぽうにとっても危険だし、不便です。
そこで、どろぼうは、東の空が少し明るくなった時間帯を選ぶのです。
すべてのドア、窓には錠前をつけ、必要なとき以外はロックしておくようにしましょう。
また、古い錠前類を性能のいい最新型に取り替えるなど、防犯設備を見直します。
夜間は、カーテンを閉めて、外から内部の様子をうかがえないようにしましょう。
隣近所で相談して、不審者には「なにかご用ですか」と声をかけるように体制づくりをしておきます。
夜に外出する場合は、一部屋だけ明かりをつけておくとよいでしょう。
ガレージのシャッターは常に閉めておきます。車がないのは不在の証拠のようなものですから、この判断をしにくくするためです。

至る所に気を使う事により、侵入を防ぎましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。